お知らせ

2022.06.14

住まい作りの第一歩はモデルハウスの見学から

まずはモデルハウスや住宅展示場に行ってみよう

まずはモデルハウスや住宅展示場に行ってみよう

家づくりは、多くの人にとっては初めての経験ですから、「何から検討していいか分からない」という人がほとんどだと思います。
具体的な検討に入る前におすすめなのが、住宅展示場の見学です。
各ハウスメーカー、工務店ごとに住宅の特徴はさまざまですが、展示場はその比較がしやすいですし、なにより知識豊富な担当者から家づくりの検討に欠かせない住宅の基本知識を教えてもらえることは大きなメリットです。
どんな些細な質問でも気軽に尋ねて、家づくりのイメージを膨らませていきましょう。
まだ展示場に行ったことがないという人は、まず各ハウスメーカーのモデルハウスが並ぶ総合住宅展示場で各メーカーの住宅を大まかに比較して、さらに興味のある会社単独の住宅展示場でイメージの細かく固めていく流れが良いでしょう。

生活導線をイメージしてみる

生活導線をイメージしてみる

住宅展示場へは、ご家族と一緒に来場してみるのがいいでしょう。実際の生活を想像しながら、家事などの生活導線をイメージすることができます。また、お子様がいれば、一緒に見学することで、動き回る子供たちの様子からより具体的な暮らしのイメージがしやすいはずです。
内装や間取りを見て回るだけでなく、キッチンやトイレなどの設備にもどんどん入ってみると、想像が及ばなかった新しい気づきにもつながります。
展示場が撮影可能であれば、スマートフォンなどを使って撮影しておくと、あとで振り返ったり他と比較したりするときに便利です。

担当者との相性も大切

担当者との相性も大切

モデルハウスをいろいろ見学することで、自然と住宅建築に関する知識が身につき、理想の家づくりが見えてくるはずです。
また、実際に家づくりが始まると、ハウスメーカーの担当者とは設計から引き渡しまで長い関係が続きます。住宅展示場では、家そのものだけでなく、営業担当者の振る舞いやコミュニケーションの仕方など「今後スムーズなやりとりができそうか?」といった相性を考えてみることも重要です。

マイホーム建設を考えている方で、群馬・藤岡周辺で「安心できる設計士に相談しながら検討したい」という方は、毎日無料相談会を実施している黒沢工務店をご一考ください。注文住宅の参考となるモデルハウスを見ながら、かかる予算に関しても不安なく相談いただけます。

お知らせ一覧
icon0274-23-3886 icon施工事例 icon無料相談予約