お知らせ

2022.07.02

部屋の空気を快適に保つ「気密性」を意識しよう

外気の影響を受けない快適な家づくり

家の気密性を意識

家づくりでよく耳にする「気密性」という言葉。
この気密性とは、住宅の隙間を少なくして外からの空気の侵入を防ぐ、密閉性の高さを表す言葉です。
住宅の気密性を高めるためには、建物の接合部分を気密シートなどの専用部材でふさぐとともに、隙間をていねいに埋める工事が必要です。
寸法誤差の少ない高品質な建材を使用し、建材の接合部分を気密シートや気密テープなどでしっかりと防いで施工することで、こうして建てられた住宅は高気密住宅と呼ばれています。
ですから、気密性の高い住宅を建築する際には、施工に時間がかかるコストが高くなることもあります。
一方で、気密性を高めた住宅のメリットは数多くあります。まず外気の影響を受けにくくなるため、室内の温度がつねに快適に保たれるようになります。
つまりは、夏は冷房の効果を最大限に発揮して涼しく、冬は暖房の暖かさを長く保つことができるの、過剰な電気代や燃料費の削減につながりやすくなります。
同時に、部屋ごとの温度差を大きく減らすことができるので、冬場に起こりやすいヒートショックの軽減にもつながります。ヒートショックは、急激な温度変化が原因で血圧や脈拍が大きく変動して体調に不調がでること。心臓発作や脳梗塞を引き起こす可能性があるとされており、家のなかのリスクのひとつです。

高気密=省エネで家計も快適に

高気密=省エネで家計も快適に

高気密住宅であれば室内の空気が漏れにくく外気も侵入しにくいため、省エネルギーで快適な住環境を維持することができるのです。
住宅を高気密化すると、さまざまなメリットが得られます。たとえば、高気密だと室内に空気が留まるため暖まりやすく、少しの暖房でも十分に室内温度を上げられます。暖房をフルに動かす必要がないため、電気代や燃料費などを安く済ませられます。

気密性、断熱性を高めることで、外気温に左右されない快適な室温が保たれますが、構造上空気がこもりやすいという特徴があります。ハウスダストが外に排出されないという健康リスクも生まれます。
しかし、このデメリットまで知り尽くし、高気密住宅の設計に慣れた工務店であれば、その対策として換気システムを重視しています。窓を閉めていても、住まい全体の空気を入れ替える仕組みを導入するなど、気密性と換気性を両立させた住まいを提案してくれるはずです。

高気密住宅のご相談は黒沢工務店までどうぞ

気密性の高い住宅で団欒を

群馬県・藤岡地域で、気密性の高い住宅について相談したいという方は、ぜひ黒沢工務店へご相談ください。いつでも見学できるオープンハウスなどで、イメージを膨らませながら、細かな相談を気軽にすることができます。

お知らせ一覧
icon0274-23-3886 icon施工事例 icon無料相談予約